カテゴリー
未分類

国土交通省が推進する「和の住まい」とは何か

国土交通省が推進する、和の住まいが話題を集めています。マンションをはじめ、戸建て住宅でも近年は洋風の物が目立っていますが最近では、再び古き良き時代の和の住まいが人気を集めている傾向です。日本古来の住宅には、自然素材がふんだんに使われており、例えば紙や木材だけでなく土など風土に合ったものが多用されているため、国内だけでも地域によってそれぞれに特徴が異なります。

こうした、風土に合わせて作られた住まいがなぜ推進されているかというと、世界に誇ることができる職人の技術の継承ができますし国内の産業の活性化にもつながるのがメリットです。古来かつ独自の技術を継承していくことで、建築業の発展にもつなげていけますし木材をはじめ和の住まいに使われる材料を作る林業などの発展も期待できます。

日本の高温多湿の気候を、涼しく過ごすことができる伝統的な家屋は若者にも人気を集めており、あえて古民家をリフォームして住むという現役世代も増えています。自然素材でできている住宅なので、ホルムアルデヒドをはじめとした化学物質過敏症の心配もありませんしカビやシックハウス症候群など現代の住宅の問題も解消できるため、メリットは大きいです。

日本が世界に誇る伝統的な建築物として、和の住まいが再び注目を集めています。快適に暮らすことができて安心して住むことができる自然素材が多用されている上に、伝統技術を持つ職人の技が生きる美しい住まいには、世界的にも注目度が高まっています。

和の住まいが発展することで、和の暮らしにもクローズアップされますし最近ではあまり新築時に導入されなくなりつつある畳を使った部屋や、茶道や華道なども盛り上がりを見せるのもメリットです。国土交通省が推進しているこうしたプロジェクトには、国内でも様々な産業や省庁がかかわりを持っています。

関わっている人やコミュニティーが大きくなるにつれて、和の住まいに関心を持つ人も増えますし今後は古い住宅をリフォームやリノベーションをして住みたい、という人は増えると予測されます。古くから伝わる天然の材料には、メリットが沢山ありますしそうした産業に関わって従事している人はたくさんいるので、雇用促進にもつながるのも利点です。

海外からの影響で、洋風の住宅が人気で最近では集合住宅などに住む人も多いですが、今こそ古き良き時代から伝承される技術を後世に伝えるためにも、そして海外への文化財としてのアピールをするためにも国土交通省の推し進めるプロジェクトに、賛同する必要があるのではないでしょうか。

住宅を新築するときには、こうした点にも目を向けて材料を選んだりもしくはリフォームをして古い家に住むといったことも一考の余地があるかもしれません。自然素材や伝統的な技術が光る和の住宅には、心を落ち着かせてくれたり健康的に住むことができる様々な要素が含まれています。海外にも、そうしたメリットをアピールできます。

また、最近では高齢化が進み、2階建てよりも平屋建てを好む風潮が再び蘇ってきています。
狭い土地を最大限有効に使って、2階建てや3階建てを立てることが多くなっていますが、そうではなく、広い土地にゆったりと平屋建て住宅を建てて、階段のない生活が改めて見直されているのです。平屋建て住宅の特徴等については、平屋建て住宅を建てる際の上手な建築会社・工務店の探し方で、解説されていましたので、そちらをご参照ください。