カテゴリー
未分類

国土交通省の「安心R住宅」とは?

中古の住宅を購入して、自分なりにDIYをしたり、リフォームをして綺麗な状態にしたいという人は多いと思います。

新築にはないヴィンテージ感が好きという人もいますし、あえて古民家のような雰囲気を出したいという人にとって中古住宅はベストな選択肢と言えます。
メリットが多い中古住宅ですが、気をつけなくてはいけない点もあります。

中古物件を選ぶとき、「この家はしっかりと管理されてきたのか」ということを判断するのは非常に難しく、見た目は綺麗で立派な建物でも、コストダウンをしている可能性がありますし、耐震性などを誤魔化している可能性もあります。
他にも設備が老朽化していたり、水道管が劣化していたりすることもあるので、見た目の印象だけで決めないほうが良いのです。

自動車なども同じようなことが言えますが、外観は綺麗でもエンジンや足回りが劣化していて、修理に数十万かかるということもあります。
第一印象で気に入ったからと言って即決してしまうのは危険で、整備記録を確認して、この自動車がどのように手入れされてきたのかを確認してから検討したほうが失敗は少なくなります。
家も同じで、どのようにして建てられたのか、前の住人がどのような手入れをしていたのかを調べる必要があります。

詳しく調べることができればそれが一番良いのですが、自分で調査を行うには限界があるので、すでに調査が完了していて情報提供がスムーズな家を探すほうがスムーズです。
そのときにお勧めなのが国土交通省の「安心R住宅」というものです。

「安心R住宅」は「不安」「汚い」「わからない」といった中古の住宅で気になる点をすでに解決していて、購入者にとっては余計な心配を最小限にしようとしています。
日本は空き家の数が多く、これが問題にもなっているので、空き家の数を減らすためにもこの国土交通省の「安心R住宅」という制度は役立っています。

住宅は、中古と言っても高額な買い物であることは違いないですし、何度も買いなおしをするようなものではないので、絶対に失敗したくないと思うのが当然です。
「安心R住宅」の中から希望する物件を探すことで無駄なコストを削減することができますし、基礎から作りなおすようなことも避けられます。

国土交通省の「安心R住宅」があるおかげで、購入者は安心を得るメリットがありますし、売る側も信頼を得ることでそれだけ有利に売却できる可能性が広がります。
以前は中古物件に関するトラブルが多く、データを改ざんしたり嘘の情報を記載することも珍しくなかったようです。
それがきっかけで裁判になったり、訴訟になるケースも多少なくありません。

購入後のトラブルを防ぐ意味でも国土交通省の「安心R住宅」は非常に役に立つ制度なので、問題を避けたい、安全策を採用したいというのであれば「安心R住宅」を利用するべきです。

でも完璧に見える制度ですが、物足りない部分もあります。それは地震、地盤に関する問題です。地震による液状化や地盤沈下については対象外なので要注意です。